個人信用情報について

個人信用情報機関は、加盟する金融機関から、以下の登録情報を定められた
期間保存し、経過後に削除しています。
保存期間が終了しているのに記録削除されていない場合は直接申し立てすることができます。

* もしも口座残高の不足などによる支払いの遅れ、金融機関で融資その他の契約をかわすなどの日付は記録しておきましょう。

契約の申込みをした事実の保存期間
 CIC:6ヶ月
 CCB:6ヶ月
 KSC:1年
 テラネット:3ヶ月
 全情連:3ヶ月

取引の事実の保存期間
(継続中及び完済してから)
 CIC:5年
 CCB:5年
 KSC:5年
  テラネット:5年
 全情連:5年

延滞の事実の保存期間
(3ヶ月以上の返済の遅れ)
 CIC:5年
 CCB:5年
 KSC:5年
  テラネット:5年
 全情連:5年

債務整理特定調停の事実の保存期間
 5年と言われています
*5年以内のクレジットカード入会でも審査対象とされる

*過去に事故があったカードも、期間が経過すれば復活可能の場合あり

自己破産の事実の保存期間
 KSC(全銀協)10年
 JICC、CICは5年

登録されている情報
 氏名・生年月日・性別・住所・電話番号・勤務先
 契約日・契約の種類・契約額・支払い回数・利用残高・毎月の支払い状況

審査に落ちる原因

ACマスターカード(ほかのクレカとは違う審査基準)