クレジットカード発行枚数【統計】

クレジットカード発行枚数【統計】

平成28年3月末のクレジットカード発行枚数は、2億 6,600万枚。
(調査回答社数 263 社)
前年比 2.7%の減少となった。
平成28年3月1日現在の20歳以上の総人口 1億492万人(総務省「人口総計」)

内訳
【総数】2億 6,600万枚
【家族カード】1794万枚
【法人カード】888万枚

解約数
1,664万件(平成28年1月~12月)

出処:一般社団法人日本クレジット協会

平成27年の発行枚数は前年比マイナス3.1%だったので少し取り戻したという感じです。
ひとりあたり2.3枚保有枚数を増やしたという計算になります。
(26600 – 1664) ÷ 10492 = 2.37666794…..

注意:調査回答社数 263 社で発行枚数はアマウントamountではありません。18歳~20歳未満の人口を加えていない分の誤差があります。


平成27年3月末のクレジットカード発行枚数は、2億 5,890万枚。
(調査回答社数 261 社)
前年比 3.1%の減少となった。
成人人口※比では、1 人当たり 2.5 枚所有していることとなる。
※総務省「人口総計」平成27年3月1日現在の20歳以上の総人口 1億474万人とした試算
一般社団法人日本クレジット協会より

20142013年のクレジットカード発行枚数は前年比- 0.2%の減少の2億5979万枚(日本クレジット協会発表)
2013年の15歳以上の人口は11068万人。同年と同じく2014年も12%減少しているとすればおよそ9740万人
人口1人あたり2.6枚カードを保持していると推定されます。
平均枚数3枚を切っているという状況。

家族カードを含む 退会・更新ないものは除く
前年度比0.2%減

3枚弱という保有枚数は妥当な数でしょう。メインカードとサブカード、そして個人的な利用シーンで使うカードが一枚という構成ではないでしょうか。

住宅ローンなどを組む場合、保有クレジットカードが多すぎるとマイナス要因となるようです。
やはり2枚程度が最適なのでは?

この機会に自分にとって最適なカードの洗い出しをおこなって、不要だと判断したクレジットカードは解約するのもいいのではないでしょうか。

クレジットカード退会(解約)について

楽天クレジットカード発行日数は?実は審査に通りやすいクレカ
楽天市場でお得!年会費無料の人気カード