オークションに現金を出品!?

最近の出来事ですが、「ヤフオク」(オークションサイト)、「メルカリ」(フリマアプリ)に1万円札が出品されていたそうだ。
現金を出品すること自体は違法ではないらしいが、取引回数が増えればマネーロンダリング(現金洗浄)に利用される恐れも出てきます。
出品された一万円札を落札(お札を落札!)してクレジットカードで決済する。これはクレジットカードで現金を購入することとなり、以前から問題となっている「ショッピング枠の現金化」に該当する取引となります。

各社は問題発覚後、現金の取引を監視して発見の都度削除しているということです。
関連商品としてSuicaやPASMOなど電子マネーカードのオークション出品も監視を続けているそうだ。
(東洋経済ONLINEを元にリライトしています)

プラットフォームと呼ばれる有名コミュニティはこういった危険なアクションを行うアカウントに監視の目を光らせておく義務があります。

「ショッピングの現金化」はもうずいぶん前から問題視されていましたが、いまだにリスティング広告にも登場していますし、ウェブサイトでも違法であると注意喚起するサイトと紹介するサイトが入り乱れていますね。

基本的に違法です。架空取引を装って依頼者に手数料を差し引いた現金を提供するのですから、クレジットカード会社からすれば即、会員資格はく奪、利用停止措置を取るレッドカード扱いです。
いくらやりくりに困ったとしても利用するべきでないのは言うまでもありません。

客観的に見ればほとんど変わらないのでは?と思えるのが楽天カード。ショッピング枠内でキャッシュを自己購入することが可能です。
このカードのサービスなのでもちろん違法ではありません。

楽天クレジットカード発行日数は?実は審査に通りやすいクレカ
楽天市場でお得!年会費無料の人気カード
このカ-ド、ショッピング枠でキャッシュを購入できるんです・・