キャッシュレス決済

クレジットカード決済や○○ペイと呼ばれるキャッシュレス決済に関する情報

カード比較の話題

後払い決済サービス

アメリカのaffirm(アファーム)と日本の後払いサービス業者をご紹介。店舗では手数料を払って「後払い」サービスを導入すれば、消費者が背伸びをして単価の高い商品を買ってくれるため、売上アップ効果は目に見えて現れるようです。高額商品については、値引きでブランドイメージを毀損するより投資効率がよいとされています。
キャッシュレス決済

キャッシュレス時代への課題

スマホ決済数社が加盟店への手数料を有料化すると発表。キャッシュバックなどのキャンペーン合戦の効力が薄れているのだろう。利用者の伸びも鈍化し、利益確保に動きだしたかたちだ。手数料がかけられるとなると今一度比較して取扱うスマホ決済を取捨選択していくことになるのだろう。
Apple Pay

ナンバーレス・クレジットカードを比較

ナンバーレスなクレジットカード比較。最短5分でデジタル発行。番号なしナンバーレスカードは三井住友とセゾンから。ネットショッピング、支払い設定、ApplePay GooglePay QUICPayに対応する多くの店頭、ガソリンスタンド等でスマートにタッチ決済。
カード比較の話題

セブン-イレブンがクレジットカードの非接触決済を6月から導入

一番スピーディ!セブン-イレブンがクレジットカードの非接触決済を導入 新商品発売日や新店オープン、お気に入りの料理...
キャッシュレス決済

LINE(ライン)ペイ残高でスマホから銀行口座振り込みが可能に!

2019年12月9日LINEペイは法人、個人の銀行口座に振り込みができるサービスを開始しました。これは○○ペイでは国内初の画期的なサービスです。1回の振込手数料は176円(税込)【1】銀行口座番号がわかっている場合は口座番号を入力して振り込み【2】銀行口座番号がわからない場合は、振込先の名義と電話番号かメールアドレスがわかればOK。LINEユーザーではない人にも振り込み可能!
キャッシュレス決済

キャッシュレス・スマホ決済が使いすぎの原因に?

キャッシュレス決済業者による大型の還元キャンペーンにより、さまざまな店舗でスマホ決済がおこなわれています。月々の収支をきちんと管理したいのに、キャッシュレス決済は支出を現金で把握できない。これでは「つい使いすぎてしまう・・」ということがあっても当然です。使い過ぎを避けるための対策を三つ挙げてみましたのでご参考に。
キャッシュレス決済

キヨスク全店舗でバーコード決済導入

JRグループの駅構内にある小型売店「キヨスクKIOSKU」の全店舗では、これまでの電子マネー決済に加え、9月2日から、バーコード決済が導入されました。スマホ決済ページ掲載中のペイペイ、楽天ペイ、LINEペイほか、セブンペイを除くすべて(10社)が利用できるようになる模様。
キャッシュレス決済

スマホ決済「〇〇ペイ」で日本のキャッシュレス化は進むのか?店舗向け情報

「〇〇ペイ」と称して数多く誕生したスマホ決済事業者。日本政府はFinTec大国の実現のため、2025年までにキャッシュレス決済を現在の20%から40%に引き上げるという目標を掲げています。これはキャッシュレス決済を広めてビックデータを蓄積するのが目的。効率的な経済発展のためのマーケティングに役立つビックデータ。これにはセキュリティの確保が大前提。しっかり監視の目を光らせてほしいものです。
カード比較の話題

リボ払い専用クレジットカードのメリット

支払いする時に「リボ払いで!」という必要のないリボ払い専用クレジットカード。クレジットカードの支払いに遅れたことはありませんか?引き落とし(振替)日までに忙しくてついチェックしないままに・・そんな時に運悪くいろんな費用が重なってしまう。残高不足で引き落とし(振替)できない状況をカード会社は「事故」と呼びます。
キャッシュレス決済

電子マネー比較

電子マネー比較 電子マネーとは・・スマホ携帯やカードを読み取り機にかざすだけのスピード精算できる機能のこと。小銭要らず...
タイトルとURLをコピーしました