仮想通貨(暗号資産)

資金決済法上の名称は「暗号資産」ですが、メディアでは「仮想通貨」と呼ばれる。
日本銀行では「インターネット上でやり取りされる電子データ」としている。

仮想通貨(暗号資産)

暗号資産関連商品も金融商品として

アメリカのSEC(証券取引委員会)ゲンスラーGensler委員長は8月15日、経済専門チャンネルSNBCに出演し、暗号資産市場の規制強化や個人投資家の保護などに重点をおく方針を示しました。また、暗号資産に関連する幅広い種類の金融商品がSECのい管轄する「有価証券」にあたるとして、取引業者に金融商品をSECに登録するよう求めました。こうした投資家保護の動きは日本を含め、国際的な流れになっていくと予想さます。
仮想通貨(暗号資産)

ビットコイン(BTC)備忘録

ビットコイン備忘録。ビットコイン(BTC)は仮想通貨(暗号資産)の一種で株式や先物投資と同じく投資対象です。ビットコイン(BTC)の発行枚数の上限は2100万枚と決められています。世界中のマイナーがビットコインの採掘(マイニング)に励んでいるので個人には太刀打ちできない。よって投資は取り次ぎ会社に依頼することになります。
仮想通貨(暗号資産)

ビットコイン・ブロックチェーンの金融業界での活かされ方

geralt <ブロックチェーンの特徴>あらゆる取引情報を記録することができるブロックチェーンの主な特徴三つ【1】...
タイトルとURLをコピーしました