個人信用情報について

個人信用情報機関は、加盟する金融機関から、以下の登録情報を定められた
期間保存し、経過後に削除しています。
保存期間が終了しているのに記録削除されていない場合は直接申し立てすることができます。

* もしも口座残高の不足などによる支払いの遅れ、金融機関で融資その他の契約をかわすなどの日付は記録しておきましょう。

契約の申込みをした事実の保存期間
 CIC:6ヶ月
 CCB:6ヶ月
 KSC:1年
 テラネット:3ヶ月
 全情連:3ヶ月

取引の事実の保存期間
(継続中及び完済してから)
 CIC:5年
 CCB:5年
 KSC:5年
  テラネット:5年
 全情連:5年

延滞の事実の保存期間
(3ヶ月以上の返済の遅れ)
 CIC:5年
 CCB:5年
 KSC:5年
  テラネット:5年
 全情連:5年

債務整理特定調停の事実の保存期間
 5年と言われています
*5年以内のクレジットカード入会でも審査対象とされる

*過去に事故があったカードも、期間が経過すれば復活可能の場合あり

自己破産の事実の保存期間
 KSC(全銀協)10年
 JICC、CICは5年

登録されている情報
 氏名・生年月日・性別・住所・電話番号・勤務先
 契約日・契約の種類・契約額・支払い回数・利用残高・毎月の支払い状況

審査基準について
クレジットカードの審査基準は共通するものではなく、カード発行会社、カード券種によって重視するポイントのバランスが異なります。では審査はどういうふうにおこなわれているのでしょう?審査のしくみを少し詳しく見ていきましょう。
アコムACマスターカード審査申し込み(即日発行と郵送)
アコムのクレジットカード、ACマスターカードは全都道府県で即日発行に対応しています。土日・祝日も平日と同じで審査申し込み当日に自動発行機でカードの受け取りが可能です。受け取りに行く時間がない方は郵送による発行も。非正規社員、パートやアルバイトの方も申し込み可能。ネット申し込みから最短1時間で受け取り・独自の審査体制など徹底解説。
デポジットDEPOSIT型ライフカードは審査落ちしても作れます。
クレジットカードやカードローンで延滞してしまった状態でクレジットカードに申し込みしても審査は通りません。延滞は『クレジット事故』扱い。そんな場合でもつくることができるのがデポジットDEPOSIT型ライフカード。デポジット=保証金や出資金が必要なこと。この手続きさえクリアできれば通常の審査を受けることなくクレジットカードを入手することが可能です。