個人信用情報について

個人信用情報機関は、加盟する金融機関から、以下の登録情報を定められた
期間保存し、経過後に削除しています。
保存期間が終了しているのに記録削除されていない場合は直接申し立てすることができます。

* もしも口座残高の不足などによる支払いの遅れ、金融機関で融資その他の契約をかわすなどの日付は記録しておきましょう。

契約の申込みをした事実の保存期間
 CIC:6ヶ月
 CCB:6ヶ月
 KSC:1年
 テラネット:3ヶ月
 全情連:3ヶ月

取引の事実の保存期間
(継続中及び完済してから)
 CIC:5年
 CCB:5年
 KSC:5年
  テラネット:5年
 全情連:5年

延滞の事実の保存期間
(3ヶ月以上の返済の遅れ)
 CIC:5年
 CCB:5年
 KSC:5年
  テラネット:5年
 全情連:5年

債務整理特定調停の事実の保存期間
 5年と言われています
*5年以内のクレジットカード入会でも審査対象とされる

*過去に事故があったカードも、期間が経過すれば復活可能の場合あり

自己破産の事実の保存期間
 KSC(全銀協)10年
 JICC、CICは5年

登録されている情報
 氏名・生年月日・性別・住所・電話番号・勤務先
 契約日・契約の種類・契約額・支払い回数・利用残高・毎月の支払い状況

審査基準について
クレジットカードの審査基準は共通するものではなく、カード発行会社、カード券種によって重視するポイントのバランスが異なります。では審査はどういうふうにおこなわれているのでしょう?審査のしくみを少し詳しく見ていきましょう。
アコムのクレジットカードACマスターカードは独自審査で土日も即日発行
アコムが発行する年会費永久無料のクレジットカードがACマスターカード。すべての都道府県で即日発行に対応している唯一のクレジットカードがアコムACマスターカードです。北は北海道・旭川から南は沖縄・島尻まで、全国どこでも申し込みから受け取りまで最短1時間!すぐにショッピングやキャッシング利用が可能。30代、40代の方が多く保有しているクレジットカードです。
審査なしクレジットカードはライフカードのデポジットDEPOSIT型
審査落ちしても作れるライフカードのDEPOSITデポジット型クレジットカード。【デポジットDEPOSIT型カードとは】事前にデポジット(DEPOSIT)、すなわち保証金を預けて、保証金の範囲内で利用限度額が設定されるクレジットカードなので通常の審査なし。利用代金は、登録金融機関口座からの自動振替。銀行預金額の範囲内で利用できるデビットカードのような機能。メリットは、旅費カード決済が不要の自動付帯で国内・海外旅行保険付き。 法人ガソリン専用カードも!

コメント

タイトルとURLをコピーしました