TAKESHI ISHIKAWA

キャッシング

ダイレクトワンの評判って?

「ダイレクトワン」は初めて利用される方には55日間利息0円のカードローンです。他のローンをご利用中の方が安心して借りることが出来るように、月々の返済は4,000円から(※ご利用時の借入残高が10万円以下の場合)となっています。20歳から69歳までの方で安定した収入があればお申込み可能。
カード比較の話題

SAISON CARD Digital for becoz(セゾンカードデジタルフォービコーズ)のCO2排出量チェック

SAISON CARD Digital for becozが、DATAFLUCT(データフラクト)が提供する「becoz wallet」に自動連携。カード利用された決済データから業種の平均的なCO2排出量を1決済当たりで割り出すのが「becoz wallet」。スウェーデンのDoconomy社が提供するアルゴリズム。
仮想通貨(暗号資産)

NFT(Non-Fungible Token:非代替性トークン)マーケット

NFTデジタルアートを所有する時代へ。「NFT(Non-Fungible Token:非代替性トークン)」は偽造できない鑑定書・所有証明書付きのデジタルデータのこと。本来、デジタルデータは簡単にコピー、編集でしたが、NFT技術によってブロックチェーン上のデジタルデータは所有できるものとなりました。
ETCカード

ETC自動付帯のイオンカード(首都高ほか)

高速道路で便利なETCを利用するならお得なETC自動付帯イオンカード!首都高お得なイオン首都高カードと阪神高速お得なイオンTHRUWAY(スルーウェイ)カード、NEXCO(ネクスコ)中日本イオンカード一覧でご紹介。最短5分でスマホアプリ「イオンウォレット」にデジタル発行。ETCカードは自動付帯
Mastercardマスターカード

ファミリーカードは夫婦・カップルにおすすめ

ファミリーカードは本人会員と家族会員が共有するひとつの口座から支払いできるクレジットカードです。家族会員は生計をともにする18歳以上の方で、(夫婦)配偶者(別姓・同性パートナー、カップルも含む)・ご両親・お子さま(高校生を除く)が対象です。
VISAビザ

三井住友銀行の口座利用を三菱UFJ銀行で手数料無料で済ます

三井住友銀行は2019年9月22日より、三菱UFJ銀行と店舗外ATMの共同利用を開始しました。これにより、三菱UFJ銀行の店舗外ATMで、ATM利用手数料が時間内無料(平日8:45~18:00)で利用することができます。またポイントパックを利用することでATM手数料優待を受けることができます。
JCBジェーシービー

法人カードJCB(ジェーシービー)従業員にもおすすめ

JCBカードは日本のクレジットカード業界で最大手。かつ日本が運営する唯一の国際ブランドです。法人カードJCB(ジェーシービー)は従業員にもおすすめ。複数発行が可能です。JCB法人カードの発行日数、入会キャンペーン、利用時のポイント、年会費等について解説。
法人クレジットカード

ファクタリング(請求書買取)は経済産業省が推奨

請求書買取サービス(ファクタリング)は経済産業省、中小企業庁が薦める資金繰り対策です。仕入れ先への支払いと売り上げの回収。フリーランス(個人事業主)・法人で、売り上げがあるのに入金が遅いという問題は、請求書を売掛債権として買取りしてもらうことで一気に解決します!
カード比較の話題

成城石井で使えるクレジットカードは?

スーパーマーケット成城石井で使えるクレジットカード、電子マネー、バーコード決済をご紹介。オンラインショップの買い物で使える支払い方法も掲載。テレビ放映の成城石井での売り上げランキングも興味深い。
カード比較の話題

クレジットカード発行枚数(統計)

2021 年 3 月末のクレジットカード発行枚数(調査回答社数 250 社)は、2 億 9,531 万枚で、前年比 0.8%の微増となった。成人人口※比では、1 人当たり 2.8 枚保有。※総務省統計局「人口推計」2021年3月1日現在の20 歳以上の総人口 1億493万人。今回はカードの経過年数に着目してみました。一般社団法人日本クレジット協会(JCA)発表の資料より
イオンaeon

イオンのバーチャルカード一覧

イオンのバーチャルカードを一覧でご紹介。実はイオンカードもバーチャルカード(デジタル)最短5分の即時発行を以前から実施しています。ミニオンズ、櫻坂46ほかイオンカードがスマホアプリ「イオンウォレット」に最短5分で届きます。対応しているのはイオンカードWAON一体型と・・
仮想通貨(暗号資産)

暗号資産関連商品も金融商品として

アメリカのSEC(証券取引委員会)ゲンスラーGensler委員長は8月15日、経済専門チャンネルSNBCに出演し、暗号資産市場の規制強化や個人投資家の保護などに重点をおく方針を示しました。また、暗号資産に関連する幅広い種類の金融商品がSECのい管轄する「有価証券」にあたるとして、取引業者に金融商品をSECに登録するよう求めました。こうした投資家保護の動きは日本を含め、国際的な流れになっていくと予想さます。
カード比較の話題

後払い決済サービス

アメリカのaffirm(アファーム)と日本の後払いサービス業者をご紹介。店舗では手数料を払って「後払い」サービスを導入すれば、消費者が背伸びをして単価の高い商品を買ってくれるため、売上アップ効果は目に見えて現れるようです。高額商品については、値引きでブランドイメージを毀損するより投資効率がよいとされています。
審査

NEXUSカード(デポジット型)は審査ブラックでも作れるか

NEXUSデポジット型クレジットカードは審査ブラックでも、あるいは審査が不安な方にも安心な入会のハードルが低いクレカです。ネクサスNexusカードは保証金の範囲内で利用するシステムなので他カードとは審査体制が違います。保証金は他社とは違い、振り込みによる入金。
キャッシュレス決済

キャッシュレス時代への課題

スマホ決済数社が加盟店への手数料を有料化すると発表。キャッシュバックなどのキャンペーン合戦の効力が薄れているのだろう。利用者の伸びも鈍化し、利益確保に動きだしたかたちだ。手数料がかけられるとなると今一度比較して取扱うスマホ決済を取捨選択していくことになるのだろう。
タイトルとURLをコピーしました