ビットコイン(BTC)備忘録

ビットコインのイメージ
dapple-designers

ビットコイン(Bitcoinr略してBTC)は仮想通貨の一種で株式や先物投資と同じように投資対象にもなっています。

仮想通貨なので実物としての実態は内にも関わらず、ビットコイン(BTC)の発行枚数の上限は2100万枚と決められています。
総発行枚数が増えることないのでその価値は下がらず上昇するだけだという投資家もいます。
供給量が増えないのですからそう言えなくもありません

ビットコイン(BTC)のマイニング(採掘)とは

ビットコイン(BTC)を知ると「マイニング」という言葉が関わってきます。「マイニング」とは「採掘」の意味で、地中の鉱物や石炭・石油を掘り取ることですが、ビットコイン(BTC)の場合この「マイニング」と呼ばれる方法によって新規発行され続けています。
まだすべてのビットコインがマイニング(採掘)されたわけではないのです。

ブロックチェーンでは、ビットコイン(BTC)の個々の取引データを「トランザクション」と呼び、それぞれのトランザクションをまとめて一つの「ブロック」を作ります。そして、ブロックには「いつ」「誰(どのアドレス)が」「どのくらいの量のビットコイン(BTC)を取引したのか」といった重要な情報が書き込まれていき、その取引情報を第三者がチェックして承認しています。つまり、この「取引を承認する作業」がマイニングなのです。
(中略)
マイニングで重要なのは、新しいブロックを生成するのに必要な数値を、コンピュータの計算能力を使って誰よりも早く探し出すことです。そして、「いつ」「誰が」「どのくらいの量のビットコイン(BTC)を取引したのか」といった重要な取引データを、改ざんできないように暗号化してブロックに書き込んでいきます。(GMOコイン公式サイトより)

ビットコインのブロックデータ

マイニングの報酬は、新しいブロックを生成したマイナーしか受け取れません。そのため、マイニングの報酬を手にするためには、世界中のマイナーとの競争に勝ち、マイニング作業を一番早く終える必要があります。
しかし、ブロックの生成に必要な数値を見つける作業には大量の計算が必要で、とても当たる確率が低いくじを膨大な回数引くようなものです。
そこで、世界中のマイナーは、高性能な専用ハードウェアを大量に用意してマイニングを行っています。また、専用ハードウェアを大量に稼働させるための電力や、専用ハードウェアを冷却するための設備、非常用のバックアップ電源など、充実した設備を準備してマイニングに参加しています。マイナーの中には電力が安い中国や、気温が低いアイスランドなど北欧の国で大規模に事業を展開する企業もあり、その規模などから「マイニング工場」などと表現されるほどです。

この「大量の計算機資源」の稼働に必要な電力量も膨大なものとなります。使用する電力コストを可能な限り抑えるために、自然エネルギーが利用できる環境を求めて海外で設備を構築するケースも見られます。

ビットコイン(BTC)の価格が大きく上昇したことで、今では世界中のマイナーがビットコイン(BTC)のマイニングに参加し、さらに、最新のコンピュータを大量に稼働させているため、個人が自宅のパソコンで戦いを挑んでもほとんど勝ち目はありません。その様子は「アリがゾウに戦いを挑むようなもの」などと例えられるほどです。

これからマイニングを始めるのなら、ビットコイン(BTC)以外の暗号資産(仮想通貨)のマイニングに参加するほうが、報酬を受け取るチャンスが高いと思われます。

ビットコインの最高値

ビットコインは4月中旬に約6万5000ドルの最高値を付けましたが、その後はこの最高値を上回ることはありません。

[ニューヨーク/ロンドン 21日 ロイター] – 2021年5月21日の取引で、暗号資産(仮想通貨)のビットコインが午後に下げ幅を拡大し、11%を超える下落となった。中国の金融安定発展委員会が金融リスク防止・管理に向け、ビットコインのマイニングや取引を取り締まる方針を表明したことが嫌気された。

ビットコインを取り巻く外的な要因によってその値はやはり上がったり下がったりを繰り返していますね。

テスラ社の動き

テスラ社CEOイーロン・マスク Elon Musk (南アフリカ生まれ)は2021年2月にビットコイン購入を開始。3月にはテスラの電気自動車の決済をビットコインで開始した。

ビットコインが史上最高値を付けた2021年4月以降、テスラは徐々にビットコインを売却し、5月には自動車のビットコイン決済も停止した。(LINEニュース)という流れがある。

その後ビットコインが値を落とし、テスラ社の株価も値を落としています。

ビットコイン以外の仮想通貨(暗号資産)

イーサリアム(ETH)

イーサリアムETHは2015年の開始以来 85,587%価格が上昇し、SoV (Store of Value: 価値の保存)としての機能を提供

イーサリアム(Ethereum)のネイティブアセットは、5月の上旬には年初来6倍にまで価格が高騰しています。5月19日は大木祖の価格を落としました。

ビットコインをめぐる世界の動き

2021年6月21日ロイター
21日の取引で暗号資産(仮想通貨)が急落した。中国当局がビットコインのマイニング(採掘)に対する取り締まりを強化し、新たに四川省でもマイニングプロジェクトの閉鎖を命じたことが嫌気された。

ビットコインは一時6月8日以来の安値となる3万2288ドルを付けた。直近では7.9%安の3万2781ドル。

イーサは10%安の2019.01ドル。一時5月23日以降で初めて2000ドルを割り込んだ。


中米エルサルバドルのブケレ大統領は9日、代表的な暗号資産(仮想通貨)であるビットコインを巡り、マイニング(採掘)と呼ぶ大量のコンピューターを使う膨大な計算作業を同国で行う方針を示した。ツイッターへの投稿で明らかにした。国営電力会社に対して、地熱発電でマイニングを計画するように指示した。

ブケレ氏は「火山による電力は100%クリーンで、100%再生可能な電力だ」と指摘した。ビットコインは決済や送金の利便性が高い一方で、電力消費を増やし、環境負荷が重いことが問題視されている。

エルサルバドル議会はこのほど、ビットコインを法定通貨とする法案を賛成多数で可決した。法定通貨としての採用は世界で初めて。90日後に法制化される。
(2021年6月10日 日本経済新聞)

これには国民の7割が銀行口座を持っていないという事情がある。(「モーサテ」テレビ東京 2021年6月10日)

コインチェック

ビットコイン・ブロックチェーンの金融業界での活かされ方

タイトルとURLをコピーしました