NFT(Non-Fungible Token:非代替性トークン)マーケット

ファンタジー(海辺のアーキテクト)image by SkillzOut

NFTデジタルアートを所有する

「NFT(Non-Fungible Token:非代替性トークン)」は偽造できない鑑定書・所有証明書付きのデジタルデータです。

本来、デジタルデータは簡単にコピーしたり編集したりできるものなので資産価値がつくことはありません。

しかしNFT(Non-Fungible Token)の技術によってブロックチェーン上のデジタルデータはコピーや改ざんされることを防ぎ、唯一無二の価値を持たせることを可能にしました。

いままでは簡単にコピー(複製)できる画像や写真、イラストなどは共有するものとしてきた私たちですが、NFT技術によってデジタルなものの所有を証明できるようになったということです。

NFTデジタル作品がアートとして価値変動する時代

NFTデジタルデータとしての作品は所有を証明できることから、所有者の履歴を譲渡・転売価格とともに第三者が確認することができます。これまでの芸術作品や希少品と同じようにオークションに出品されて高額で落札されるということも現実に見られるようになっています。

NFTデジタル作品の今後の展望

FACEBOOK(フェイスブック)の創始者、マーク・ザッカーバーグが社名を「メタ」に変更しました。
コンピュータネットワークの中に構築された3次元の仮想空間、VR(ヴァーチャルリアリティ)シュミレーションの世界が今後一気に人々から求められるとして、それに対応する「メタ」(視点の外側にたって見るという古代ギリシャの哲学者アリストテレスが論じた言葉)を社名にしたことはNFTのデジタル世界の広がりを充分に予見したものであることは確かです。

価値をもつものとしてイラスト、音楽、ゲーム、アバター向けファッション等にとどまらず、多くの分野に影響が及ぶことになりそうです。

NFTデジタル作品を売買する通貨は?

現在、NFTの取引の大半はこのイーサリアムブロックチェーン上で取引されている。イーサリアムはプラットフォームになっているが、オープンソース・ソフトウェア・プロジェクトのため、中央で管理する者がいないのも特徴だ。NFT市場の過熱に合わせて、プラットフォームとしてのイーサリアムも仮想通貨のイーサも評価を高めている。
FinTech journal(フィンテックジャーナル)2021/12/10より抜粋
https://www.sbbit.jp/article/fj/60992

国内外の主要なNFTマーケットプレイス

国内 海外
Coincheck NFT(β版)
SBINFT Market(旧nanakusa)
Adam byGMO
楽天NFT
ドリサポなど
OpenSea
Rarible
Makersplace
GhostMarket
SuperRare
Valuablesなど

NFTマーケットプレイス

コインチェックが運営するNFTを取引できる取引所のこと。

Coincheck NFT(β版)は国内初となる、暗号資産交換業者が運営するマーケットプレイス。
ユーザー同士でNFTと暗号資産の交換取引ができます。
Coincheck

楽天NFT

https://nft.rakuten.co.jp/

楽天が運営するNFT作品の個人間取引をおこなうためのプラットフォーム。

ドリサポ

https://dorisaponft.com/lp/

エンタメに特化したNFTプラットフォーム

専用通貨はcheerscoin

購入したNFTを運営にレンタルすることによりオリジナルグッズ作成が可能。
販売益はNFT購入者と著作元に還元

M.ANDLOL株式会社(ドリサポNFT事務局)
大阪府大阪市北区天神橋4-7-13 イトーピア扇町903
06-6353-7363


日本円だけでNFTの発行や売買ができるNFTマーケットプレイス
HEXA

気になるビットコイン(BTC)備忘録

タイトルとURLをコピーしました