アメックスの返品保証リターン・プロテクションはどんな場合に利用?

アメックスの返品保証リターン・プロテクションとは

お店でカード購入した商品を返品したい場合、購入店が返品を受け付けない場合に、アメックスに商品を返却することで、代わりに払い戻しを行ってもらうことができます。
これを「リターン・プロテクション」(返品保険)といいます。

購入した商品を壊してしまった場合、ショップに直接交渉しても返品は断られるでしょう。
でも安心してください!
返品したい商品をアメリカンエキスプレス本社に送ると一定の手続きを経て、銀行口座に返金してくれます。
なんと優れた顧客サービス!
※ 1商品につき最高3万円相当額まで。1会員口座につき年間最高15万円相当額までとなります。

アメリカン・エキスプレスのカードで買った商品の返品を購入店が受け付けないときに、購入金額を補償してカードに返金する安心のサービスです。

ショッピングプロテクションとリターン・プロテクションの違い

ショッピングプロテクションは、国内、海外問わずアメックスカードでお求めのほとんどの商品について、破損や盗難などの損害をご購入日から90日間、お一人様年間最高500万円まで補償するというもので、返品を保証するリターン・プロテクションとは別です。

「ショッピング・プロテクション・ワイド」は、カードに付帯されているサービス「ショッピング・プロテクション®」の補償期間(購入日~90日目まで)終了後、91日目から365日目まで補償される保険です。月1,000円(年12,000円)の保険料で、年間500万円まで補償されるプランなどがあります。

リターン・プロテクションに頼る事例

【ショップで購入したインテリアが家に合わなかった】

白と黒を基調としたインテリアErikaWittlieb

吟味を重ねて購入決定したインテリアや家具でも、実際に取り付けてみてはじめて部屋の雰囲気にふさわしいかどうかの判断がつく場合があります。

室内の照明はショップのものとは当然異なります。また、インテリアのボリューム(大きさ・形状)も設置されてはじめて良い塩梅かどうかの評価が定まることもあるでしょう。

インテリア商品は使い捨ての日用品とは違い、長く利用するものです。ふさわしくないという判断に至ってしまったならアメックスにお願いして引き取ってもらう。気持ちよく暮らすためにこれは必要なことです。

【ネットで買った洋服のサイズが合わなかった】

セーターをインナーに着るレザージャケットStockSnap

洋服のネット購入で一番問題となるのがサイズでしょう。
商品ごとに詳細なサイズが表記されている場合がほとんどですが、ジャケット、コートなどでは、肩口の大きさは重要なポイントです。着丈や袖丈は合っているのに肩口にゆとりがないと窮屈な着心地になってしまいます。肩口のサイズを表示している商品は存在しないといっていいでしょう。
いくら色柄が気に入ったとしても、洋服は着用してこそ気分を引き立たせ、自分に対する自信を育むものです。着ていて苦しい服は我慢しないで返品しましょう。
リターンプロテクションはあくまでも商品の返品を購入店が受け付けない場合のみ利用できるものです。まず最初は、購入店に相談しましょう。

リターン・プロテクション補償の対象

カードで購入した商品の返品を購入店が受け付けない場合に限ります。
未使用かつ良好な状態で、正常に機能する物に限ります。
※ 他に加入している保険または購入店の返品規定によって適用されない場合のみ有効です。
※ 5,000円相当未満の購入金額の商品に対しては適用されません。
※ ポイント利用等により商品代金から差し引かれた金額は、サービスの対象外となります。

アメックス(アメリカン・エキスプレス)審査日数
アメリカン・エキスプレス、通称アメックスの審査・発送日数は結構早い!アメリカンエキスプレスは、元々は運送業でスタート。急行便として西部開拓時代に手荷物運送業3社が合併してできた会社。アメックス・カードの種類と最大の特性である返品保証ほか顧客第一主義のサービスを解説。
タイトルとURLをコピーしました