LINE(ライン)ペイ残高でスマホから銀行口座振り込みが可能に!

スマホから銀行振り込み

LINE(ライン)ペイ残高でスマホから銀行口座振り込みが可能に!

2019年12月9日、LINEペイ(ラインペイ)はLINEペイ残高を法人、個人の銀行口座に振り込みができるサービスを開始しました。(1日10万円迄)
これは○○ペイでは国内初の画期的なサービスです。

LINE(ライン)ペイで振り込みする

1回の振込手数料は176円(税込)で、無料ではありません。

【1】銀行口座番号がわかっている場合は口座番号を入力して振り込みします。

【2】銀行口座番号がわからない場合は、振込先の名義と電話番号かメールアドレスがわかればOK。
受け取り側は送り手側から届いたSMS(ショートメッセージサービス)またはEメール内のリンクから振込み内容を確認します。この際別途送られる認証番号を入力することで本人確認をおこない、受け取りしたい銀行口座を入力する。

LINEユーザーではない人にも振り込みができる!

送り手、受け取り手の双方がLINEユーザーである必要はありません。送る側さえLINE登録していればこのサービスを利用することができます。

届け先は法人、個人を問いません。キャッシュレス決済の会社利用がこれで一気に広がるのではないでしょうか?

これはジャパンネット銀行を利用したもの

この振り込みサービスはLINEペイと同じくZホールディングス(旧ヤフー)傘下のジャパンネット銀行の法人振り込みサービスを介したものです。

以上『週刊 金融財政事情2019.12.6』を参照しました

交通費やちょっとした経費をスマホ画像で確認して送金する・・なんていう会社の事務処理も行われているそうです。こんなふうに簡単でスピーディに処理できるキャッシュレス決済ならどんどん利用するべきですよね!

PayPayで銀行口座登録が簡単になっていた!

スマ-トフォン決済サービス「PayPay」に「YAFOOマネー」が統合されたことで、2019年9月30日から簡単に銀行口座を設定することがができる。

これまでのようにYAHOO!ウォレットの登録も、YAHOO!JAPAN IDとの連携も一切必要ありません。PayPayに直接銀行口座を登録することができるんです。

PayPay銀行口座登録の手順

まず銀行口座登録から追加したい金融機関を選択

支店名 口座番号 口座名義を入力

登録内容を確認

そして各金融機関のサイトで登録手続きを済ませる

手続きは以上です。

PayPayは資金移動業の登録を完了させていますので、PayPayマネーとしての機能を活用できる。
PayPay残高を現金として出金することも、銀行口座に振り込みすることも「PayPayマネー」があるから行えるサービスになります。

注意したいことはやはりフィッシングサイトへの誘導メッセージ

心当たりのないSMS、Eメールが増加することが予想されます。
今後も心当たりのないメール・SMSには注意することです。
身に覚えのない、不審な通知メッセージ内のリンクはタップ(クリック)しないことです。

URLが何かわからない場合はパソコンで検索してみましょう。フィッシングサイトであるなら注意喚起の情報が列記されていることでしょう。

タイトルとURLをコピーしました